成年後見

将来を見据えて 成年後見は判断能力が不十分な方を保護する為に、一定の場合にご本人の行為を制限するとともに、ご本人の為に法律行為を行い、またはご本人による法律行為を助ける者を選任する制度です。
司法書士は大切な財産をお守りする為、カリキュラムを受けており、成年後見人として選任する事が可能です。

成年後見制度とは…
 私たちは契約を前提とする社会に生きています。スーパーで肉や野菜、あるいはコンビニでお弁当を買うのも契約書を作ったり、印鑑を押したりはしませんが、契約です。
 契約をするには、自分の行為の結果がどのようになるか判断できる能力が必要となります。判断能力が不十分な場合、そのことによって不利益を被ってしまうおそれがあります。
 そうならないように支援するための制度が成年後見制度です。


種類

任意後見 法定後見
 今は元気だけど、将来判断能力が不十分
 になった時に備えておくための制度


@即効型…今の判断能力に不安がある方
        任意後見契約と同時に、
        任意後見監督人選任を
        家庭裁判所に申し立てる

A移行型…今の判断能力に不安がある方。
        任意後見契約任意代理契約を結ぶ

B将来型…将来に支援を受けたい
        任意後見契約のみを結ぶ
 すでに判断能力が不十分な方に代わって、
 法律行為をしたり、被害にあった契約を取り 
 消したりする制度

@後見…日常生活に必要な買い物を一人でできな      い親族をお持ちの方

A保佐…不動産の売買・賃貸借・金銭の貸借等
      を一人でできない親族をお持ちの方

B補助…上記の判断は一通りできるが、
      不安があり、本人も補助を望んでいる
      ご親族をお持ちの方
 ※司法書士は上記の代理が法律で認められており、公益社団法人リーガルサポートの理念・指導の下
必要なカリキュラムと業務の監督を受けております。


それぞれに手続きの内容や裁判所の管轄が決められております。
お手続きに関する事だけでもご相談を承っておりますので、お一人で悩まずお問い合わせ下さい。



                                                   お問い合わせ