用語集

・所有権
その名の通り、不動産を所有をしている権利であり、謄本の権利部に載っている名義人ほとんどは「所有者」である事が多く、相続や売買によってその所有権が移り変わっていき、それを登記に反映させる為に登記申請をします。

・抵当権(根抵当権)
一般的には、住宅ローンを利用した場合、金融機関が不動産に担保を取る事がほとんどで、その際に用いられる担保権の事を抵当権(または根抵当権)と言います。


・土地の地番
住居表示とは区別され、土地を特定する番号が付けられている、言わば管理番号です。
住所地から大よその地番が特定する事が可能です。


・建物の家屋番号
土地の地番と同じく建物を特定する番号で、登記をしてある建物には必ず付けられています。


・区分建物
一般的な分譲マンションの場合に1部屋毎に1つの不動産として登記される建物の総称です。


・敷地権
区分建物の底地にあたる土地の事で、1部屋毎の権利者に対して共有で所有している土地の事です。



・不動産登記簿謄本(又は登記事項証明書)

一般に謄本と略される事が多く、不動産の内容が記載されている。
各地に置かれている法務局での窓口で発行をしており、1通600円の収入印紙を申請書に貼る事で引き換えとなります。
現在では、インターネットを利用する事で「登記情報」を取得が可能で、不動産の内容は同じものが閲覧できます。


・不動産の評価額と評価証明書
都または地方自治体が決めた不動産の大よその「価格」の事を評価額と言い、これを基に固定資産税や登記で扱う登録免許税が算出されます。
また、その評価額が記載され、登記の添付書類として使用できる物が評価証明書です。都税事務所又は各市役所で取得が可能です。


・登録免許税
所有権や抵当権の登記をする上でほとんどの場合で納める必要のある税金です。
例1)所有権移転(土地のみの売買)は土地の評価額×1000分の15
例2)抵当権抹消は不動産の個数×1000円